ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   新しい大学像を求めて-進む高等教育の改革-
第4章   大学改革を更に進めるために
第1節   多様化する学生にどう対応するか(新しい大学像の構築)
3   入学者選抜方法の多様化


大学入試については、これまでも大学入試センター試験の円滑な実施と有効な利活用、国公立大学の受験機会の複数化、各大学における入学者選抜の工夫改善などを柱として改善が進められてきた(1部第2章第1節3参照 )。このような改善を引き続き推進するとともに、近年進展の著しい高等学校教育の多様化及び大学教育の多様化の双方に対応する入学者選抜方法について、各大学は一層の工夫改善を図る必要がある。

各大学の目的・特色、専門分野等の特性あるいは受験生の能力・適性等とは無関係な、偏差値による合格可能性に依存した進路選択や学力検査のみに過度に依存した入学者選抜は、高等学校以下の教育に大きな影響を与える結果となっている。

このような状況を改善するためにも、一定の学力を前提に、受験生の有する創造性、学習意欲などをより重視して選抜する大学、あるいは、高等学校時代の課外活動やボランティア活動等を積極的に評価する大学などがより一層増加することが望まれる。特に、高等学校の学習指導要領の改訂に伴い、平成9年度の入学者選抜からは、新しい教育課程で学習した生徒が大学を受験することとなる。入学者選抜に当たっては、自ら学ぶ意欲、思考力、判断力、表現力の育成を重視する新しい学力観に立った新学習指導要領の趣旨を踏まえ、これらの能力が適切に評価されるようにする必要がある。

また、各大学は、それぞれの教育理念や目的を明確にした上で、どのような能力・適性等を備えた学生が望ましいか、また、高等学校でどのような学習活動等をしてきてほしいかということについて求める学生像を明らかにする必要がある。次に、どうすればそうした学生を見いだすことができるかという観点に立って、入学者選抜の内容や方法等を決定することが重要である。

個性的で特色ある多様な入学者選抜の実現に努めていくことは、大学改革の基本的な方向である大学の個性化・多様化を推進し、教育研究の高度化・活性化を図る上で重要な課題である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ