ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第10章 情報化の進展と教育の対応
第5節 文教施設の情報化情報と情報ネットワ-クの整備
6 データベースの整備


今日様々な分野における情報量が飛躍的に増大し,その利用形態も多様化・高度化しており,個人,学校,企業等が必要とする情報を単独で収集・蓄積することが困難となっている。このような中で,多種多様な情報を効率的に利用するためには,データベースの作成が必要となっている。

教育関係のデータベースについては,既に様々なものが作成されているが,質・量ともに最も充実しているのは学術情報に関するものである。学術情報に関するデータベースは,大学や学術情報センター等において作成されるほか,科学研究費補助金(研究成果公開促進費)により,学会等のデータベース作成を積極的に支援している (表2-10-5)

2-10-3  東京大学キャンパス情報ネットワークシステム(学内LAN)

2-10-5  大学や学会等で作成しているデータベースの例



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ