ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第10章 情報化の進展と教育の対応
第3節 新しい情報手段の活用
2 新しい学習システムの開発


テレビ・ラジオ等の情報手段を利用した学習システムとしては,従来から学校放送や社会教育における放送利用学級があり,昭和60年度からは放送大学が活動を開始している。

さらに,最近では,新しい情報手段を利用して新しい学習システムを開発する多様な試みが行われている。例えば,熊本県の「ファインズ計画」においては,テレビ会議システムを利用して,新しい学習システムの実験が行われている。さらに,民間の教育事業者においても,通信衛星を利用して本部の授業を各支部に配信するなど,新しい情報手段を積極的に利用する試みが行われている。

放送大学についても,関東地域だけになっている放送対象地域の拡大が課題となっており,今年度,放送衛星等の利用を含め,放送大学の将来の運営の基本事項について調査研究を行うこととしている。また,大学共同利用機関の放送教育開発センターでは,放送を始めとした多様なメディアを利用して行う大学教育の内容・方法等に関する研究・開発が行われている。

新しい情報手段の活用に関しては,更に様々なものが考えられる。例えば,ビデオディスクやコンパクトディスクは,高画質・高音質な視聴覚メディアとして活用され始めており,教育への利用の可能性も太きい。

また,大量の情報が小型のディスクに記録できるCD-ROMは,現在,国語辞典や百科事典等の電子出版物として実用化されており,データベースとしての活用も期待されている。さらに,ハイビジョン(高品位テレビ)は,これまでのテレビ方式と比較してはるがに細がく鮮明な映像情報の提供を可能にするものであり,映像教材としての利用にとどまらず,ハイビジョンの特性を生かした,新しい教育・文化サービスを可能にすることが期待される。例えば,各種の映像作品を上映するハイビジョン・シアターや美術館・博物館で絵画や彫刻などをハイビジョンで撮影し,映像データベース化したり,説明を付して作品の理解を助けるハイビジョン・ミュージアムなど多彩な利用が可能である。このようなハイビジョンを活用した美術鑑賞システムの導入が各地で行われている。

このような新しい情報手段を教育に利用し,教育活動の充実を図るため,文部省は,各種ニューメディアの教育利用に関する開発研.究の委嘱を実施しているほか,コンピュータと映画等の映像情報を収めたビデオディスクなどと連携させたマルチメディア教材を開発する事業に対し補助するなど基礎的な調査研究を進めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ