ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第9章 国際化の進展と教育・文化・スポーツ
第3節 教育・文化・スポーツにおける国際交流・協力
3 文化の国際交流・協力


文化の国際交流は,我が国の文化の発展に資するとともに,諸外国との相互理解を増進するためにも極めて重要である。特に近年,世界の人々の日本文化に対する関心が高まってきており,日本に対する国際的理解の増進を図るとともに,日本が文化面でも国際的に貢献するため,国際的な文化交流を積極的に進めることが必要となっている。

文化の国際交流に関する各種の事業は,文化庁,国際交流基金,外務省及び民間レベルで活発に実施されているが,文化庁が行っている主な事業には次のようなものがある。


(1) 日本文化を紹介する展示・公演等

従来から諸外国において,国宝・重要文化財を中心とする日本古美術展を開催しているが,近年,日本文化に対する関心の高まりを反映して諸外国からの開催要請が増大している。平成3年度は,大英博物館において「鎌倉彫刻展」を,クリーブランド美術館において「日本の16世紀の美術展」を開催し好評を博したところである。

また,国際交流基金や民間の団体により海外で実施される日本の伝統美術展,古典・民俗芸能,現代音楽等の公演,日本映画祭等に対しては,文化庁でも事業の企画,実施について協力を行っている。


(2) 国際的芸術文化活動の推進

芸術分野の国際的な活動を推進するため,芸術家や芸術団体の行う国際的な事業に対して,積極的な支援を行っている。

芸術家の交流については,各分野の芸術家を海外に派遣し,実地に研修させる「芸術家在外研修」と我が国において研修を希望する海外の若手芸術家を招へいして,研修・交流の機会を提供する「海外芸術家招へい研修」を合わせて「芸術フェローシップ」として芸術家の交流促進に努めている。

また,舞台芸術の海外公演については,昭和63年度から,企業など民間の協力も得て,我が国の代表的舞台芸術公演を海外の著名フェスティバル等に参加させる芸術活動特別推進事業を行っているが,平成4年度はその拡充を図り,国際的な芸術活動の推進に努めている。

日米間においては,両国の舞台芸術の水準の向上と相互理解に資するため,我が国の現代舞台芸術をアメリカに派遣する日米舞台芸術交流事業を実施している。

さらに,アジア・太平洋地域諸国間との友好親善にも資するため,これらの国々の代表的な民族芸能団を招へいして芸術祭国際公演を開催している。

このほか,東京国立近代美術館フィルムセンターにおいて,国際シンポジウムを開催するとともに,散逸の恐れのあるアジア諸国の秀作映画フィルムの収集事業を実施するなど映画芸術の国際交流事業を行っている。


(3) 地域レベルの国際交流の推進

地域文化の振興のためには,地域から世界への情報発信が必要であり,そのため,地域レベルでの国際交流は重要である。この観点から,平成元年度から諸外国の青少年及びアマチュア文化団体等を国民文化祭や全国高等学校総合文化祭へ招へいしたり,我が国の参加者を海外へ派遣することにより,文化の交流と相互の理解の促進に資することを目的とする国民文化国際交流事業を行っているほか,平成4年度から,我が国の伝統に根ざし,国民的広がりを持った芸術文化関係団体の指導者を海外に派遣し,実技指導を行うことにより我が国の伝統的文化活動を国際的に展開する事業を実施する。


(4) 文化財保護に関する国際協力・交流について

我が国の文化財の科学的な保存修復技術は,多くの分野でアジア諸国を始めとする諸外国から,高く評価されているところであり,文化庁としては,この面での国際協力・交流を積極的に進めているところである。

東京国立文化財研究所においては,中国敦煙文化財の保存修復についての研究協力やスミソニアン研究機構との研究交流及び日本古美術品の修復協力を行っているほか,アジア文化財保存セミナー等の国際交流事業を実施している。平成4年度には,新たに各国紙製文化財修復関係者を招へいし,日本の和紙を用いる保存技術についての国際修復研修を実施する予定である。

奈良国立文化財研究所においては,南アジア仏教遺跡の保存整備に関する調査研究を実施しているほか,平成4年度は,新たにロシア・パジリク文化古墳群についての共同研究を実施する予定である。

さらに,アジア・太平洋地域にある文化財建造物の保存修復への協力やアジア諸国博物館・美術館の研究者等の招へい研修を引き続き実施することとしている。


(5) 海外からの芸術家や文化財専門家の招へい等

平成元年度から諸外国の優れた芸術家や文化財専門家を招へいし,博物館・美術館や文化団体などで共同制作,共同研究,指導などを行う海外優秀芸術家等招へい事業を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ