ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第9章 国際化の進展と教育・文化・スポーツ
第2節 国際社会に生きる日本人の育成
1 国際理解教育の推進


国際化の進展に応じた学校教育の役割を考えた場合,最も重要なことは国際社会の中で信頼される日本人を育成することである。そのためには,国際的な相互依存関係の重要性とともに,諸外国の文化やそれぞれの立場を理解させ,あわせて,我が国の文化や伝統を大切にする態度を身に付けさせることが重要である。

このような観点に立ち,学校教育においては,小・中・高等学校の主として社会科や道徳などの指導において,児童生徒の発達段階に応じて国際理解に関する学習が行われている。

今回の学習指導要領の改訂においても,改訂の基本方針の一つに国際理解の推進と我が国の伝統と文化の尊重とを掲げ,教科等の内容の改善を図ったところであり (表2-9-1) ,今後ともその一層の充実に努めることとしている。

2-9-1  新学習指導要領における改善点

また,国際理解の一層の推進を図るため,文部省は,2年ごとに研究校・研究団体を指定し,国際理解のための指導内容・方法の開発,地域の活性化と国際交流の在り方などをテーマに調査研究を実施しており,平成3,4年度は15の学校,団体を指定している。

各都道府県においても,既に,東京都立国際高等学校のように,帰国子女や外国人子女を受け入れるなどにより,国際化への対応を図っている高等学校が開設されているほか,国際理解教育の推進のために地域の実情に応じた実践が重ねられている。

大学,短期大学においても,国際関係の分野を対象とする学部・学科が増加する傾向にある。例えば,大学について,国際関係,国際政治,国際経済,国際文化等,学科の名称に「国際」の語を冠しているものの設置状況をみると,平成4年度では62学科となっており,過去10年間で約4倍に増加している。

なお,社会教育の分野においては,青年学級・教室,婦人学級,家庭教育学級,成人大学講座などにおいて国際理解に関する学習内容を取り上げている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ