ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第6章 学術研究の振興
第6節 重要基礎研究の推進
3 宇宙科学


宇宙科学は,科学衛星等の宇宙飛翔体を用いて,宇宙の諸現象,諸法則を解明し,人類の知的財産の増大に寄与するとともに,宇宙開発の牽引力としての役割を果たしている。また,科学衛星及び同衛星打上げ用ロケット等に関する宇宙工学技術の研究開発は,宇宙技術発展の先駆的役割も果たしている。

我が国の宇宙科学については,宇宙科学研究所(大学共同利用機関)が中心となり,全国の大学等の研究者の参加の下に,宇宙空間や地球周辺の諸現象を科学衛星及び観測ロケット等により観測,研究するとともに,科学衛星及び同衛星打上げ用ロケット等の観測手段や観測方法の研究開発等を推進している。これまでに21機の科学衛(惑)星を打ち上げ,ハレー普星探査,X線天文観測等で世界をリードする数多くの研究成果を上げている。

平成4年7月には,日米協力事業として,宇宙科学研究所が衛星の開発を,NASA(米国航空宇宙局)が打上げ等を担当して,磁気圏観測衛星「GEOTAIL」を打ち上げ,地球磁気圏尾部の構造等の観測を行っており,平成5年2月には,宇宙最深部のX線観測を目的とした第15号科学衛星(ASTRO-D)を打ち上げる予定である。

さらに,平成元年6月に改訂された「宇宙開発政策大綱」(宇宙開発委員会策定)において,科学衛星打上げ用ロケットの大型化を図ることが認められ,M-5ロケットの開発を平成2年度から行っているところである。これにより,今後,X線天文学,電波天文学等の分野で国際的主導権を確保し,また,月,惑星探査等の途を開くために,従来より規模の大きい科学衛星の打上げを計画している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ