ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第6章 学術研究の振興
第6節 重要基礎研究の推進
1 天文学研究


天文学は,自然科学の中でも伝統ある分野の-2として,宇宙の諸現象の解明を進め,物理学等の基礎法則の体系化に貢献してきている重要な分野である。このため,文部省では,昭和63年7月に大学共同利用機関として国立天文台を設置するなど,研究の推進に努めている。

長野県にある国立天文台の野辺山宇宙電波観測所では,ミリ波観測において世界最高の性能を有する直径45mの大型宇宙電波望遠鏡1基及び直径10mの干渉計5基を用いて,内外の研究者により,太陽系の外から到来する電波を利用した天体観測を行い,我々の太陽系と類似した原始太陽系や未知の星間分子を発見するなど画期的な研究成果を上げている。

同台野辺山太陽電波観測所では,太陽フレア(太陽面爆発)の仕組みを解明するため,平成3年12月に完成した口径80cmのパラボラアンテナをT字型に多数配列した電波ヘリオグラフを用いて,太陽表面から生じる電波の観測を行っており,その成果が期待されている。

また,国立天文台では,150億光年彼方の宇宙の涯に挑み,銀河が誕生したころの宇宙の姿を探るため,平成3年度から,ハワイ島マウナケア山頂に設置する口径8mの大型光学赤外線望遠鏡の建設を進めている。

東京大学宇宙線研究所では,岐阜県の神岡鉱山の地下1,000mに設置されていろ水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置を用いて,陽子崩壊やニュートリノの観測が行われており,昭和62年2月に,大マゼラン雲で発生した超新星爆発による二二―トリノを世界で初めて観測するなど画期的な研究成果を上げている。同研究所では,宇宙線や素粒子に関する研究の―層の推進を図るため,平成3年度から,現行装置に隣接して50,000トンの水槽と11,200本の光電子増倍管からなる大型水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置の建設を進めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ