ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第6章 学術研究の振興
第3節 若手研究者の養成,確保
1 若手研究者の養成,確保の必要性


大学は,学問の全分野にわたる学術研究を発展させるとともに,これと―体不可分のものとして多方面の人材を養成する機能を持っており,優れた研究者の育成を図ることは大学の基本的な使命の―つである。

近年の我が国を取り巻く国際状況や学術研究の発展及び民間企業等の研究開発あ動向などを踏まえると,学術研究機関や産業界を含めた各方面において,新しい研究の展開に柔軟に対応できる独創性,創造性に富んだ研究者を幅広く養成,確保する必要性が高まっている。

特に,将来の研究の中核となることが期待される若手研究者の多くは,現在の研究の重要な担い手でもあり,柔軟な発想か島,研究の新しい展開を生み出す可能性を持っている。したがって,優れた若手研究者を養成,確保することは,学術研究を発展させるための最も重要な課題の―つとなっている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ