ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第4章 高等教育の改善・充実
第5節 育英奨学事業の充実
2 公益法人,地方公共団体,学校法人等の育英奨学事業


 育英奨学事業に関する実態調査(4年ごとに実施)によれば,昭和63年3月現在においては,公益法人,地方公共団体,学校法人等3,865の団体等によって育英奨学事業が実施されている。これらの団体等から奨学金を支給されている奨学生数は,28万5,000人,奨学金支給総額546億円で,育英奨学事業全体に対しておおむね奨学生数で4割,事業費で3割を占めている (表2-4-7)

 公益法人等によって実施されている多様な育英奨学事業は,一般的・包括的な援助措置を行う日本育英会の育英奨学事業とあいまって,各々が事業創設の目的に基づいて,特色ある事業を行っているところに大きな意義があり,我が国の育英奨学事業の発展にとって極めて有益なものとなっている。

 今後とも,これら公益法人等による育英奨学事業の発展・充実について努力していく必要がある。

2-4-7  育英奨学事業の現状(昭和63年3月現在)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ