ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第4章 高等教育の改善・充実
第4節 大学入学者選抜の改善
6 中長期的な課題の検討


 大学入試の在り方は,高等教育だけでなく高等学校以下の教育全体に大きな影響を及ぼすものであり,その意味において,大学入試の改善は,常により良き方途を見いだすべく不断の努力を傾注すべき重要な課題であると同時に,受験生の立場に十分配慮し,所要の改革については,相当の準備期間をおいて行うことが必要である。

 このため,大学審議会においては,大学入試に関する専門委員会を設置し,平成3年4月の中央教育審議会答申の示唆も受け止めながら,中長期的な観点から,大学入試の在り方や改善方策について調査,審議を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ