ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第4章 高等教育の改善・充実
第4節 大学入学者選抜の改善
5 進路情報の提供


 受験生の進路選択がややもすると偏差値偏重に陥り,不本意入学や大学の序列化の問題が指摘される中で,個々の大学の教育・研究内容等に関する情報や入試に関する情報等,受験生の進路選択に資するための大学に関する適切な情報が十分提供されることが求められている。

 大学入試センターにおいては,キャプテン通信網を通じて,大学・学部の教育研究等の情報を高等学校等に提供する事業(ハートシステム)等を昭和63年度から開始し,平成4年度も引き続き整備充実することとしている。一方,各大学においても,大学説明会の開催,学部紹介用のビデオやパンフレットの作成,テレホンサービスの実施など,情報提供の推進を積極的に行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ