ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第4章 高等教育の改善・充実
第4節 大学入学者選抜の改善
3 国公立大学の受験機会の複数化の改善


 国公立大学の受験機会の複数化を図るため,昭和62年度入学者選抜から,「連続方式」が導入され,平成元年度入学者選抜からは,この方式に加えて,「分離・分割方式」も併用されることとなった。受験生の選択の機会の拡大や多様な選抜方法の導入を促進する観点から,「分離・分割方式」の採用について,前期日程と後期日程の定員比率の適正化を含め,各大学の積極的な取組が望まれる。

2-4-4  国立大学の受験機会の複数化の方式


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ