ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第4章 高等教育の改善・充実
第4節 大学入学者選抜の改善
1 これまでの経緯


 昭和54年度から平成元年度まで,国公立大学において,共通第1次学力試1験が実施された。この共通第1次学力試験については,難問・奇問を排した良質な出題により,高等学校教育の基礎的な到達度を判定することが可能になったことなど様々な積極的な評価があった反面,一律に5教科利用を原則としたこと等により,いわゆる大学の序列化等が顕在化したことなどの問題点も指摘された。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ