ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第4章 高等教育の改善・充実
第3節 高等教育機関の整備
5 医学・歯学教育の改善と医療技術者の養成



(1) 医学・歯学教育の改善

 平成4年4月現在,医学部を置く大学は79大学(国立42校,公立8校,私立29校),歯学部を置く大学は27大学29学部(国立11校,公立1校,私立15校17学部)である。

 近年の科学技術の進歩・発展に伴う医学・医療の高度化や国民の高齢化等により,医学・医療を取り巻く環境は大きく変化しており,医学・歯学教育の改善,充実が求められている。

 このため,文部省においては,医学教育及び歯学教育の改善に関する調査研究協力者会議を発足させ,昭和62年にカリキュラムや教育態勢の改善等,多角的な観点から,医学・歯学教育の改善のための提言を行った。これを踏まえて,医学・歯学教育の改善策について更に検討を進める一方,引き続き,各大学に対して改善努力を促している。

 また,大学審議会の提言を受けて,平成3年,学校教育法,大学設置基準等の改正が行なわれたところであり,各大学におけるカリキュラムの改善等についての積極的な取組が期待される。


(2) 医療技術者の養成

 看護婦,臨床検査技師,診療放射線技師等医療技術者の養成については,近年の医学・医療の急速な進歩発展に対応するため,従来から幅広い知識と高度の技術を有する人材の養成とともに,需要の大きい分野における養成数の増員を図るという観点から,短期大学や大学の設置を図ってきている。

 短期大学については,国立は,昭和42年度以来,既設の専修学校の改組転換等により,23の医療技術短期大学部を設置してきた。また,公私立についても,昭和40年度においては,医療技術系の学科を持つ短期大学が,合わせて8校であったのが,平成4年度においては,51校に増加してきている。

 さらに,大学については,国立は,平成4年度新たに広島大学医学部に保健学科を設置し,7校となり,公私立についても,聖隷クリストファ一看護大学,東京慈恵会医科大学医学部看護学科が設置され,10校となり,合計17校に増加してきている。

 医療技術者については,今後とも社会的要請を踏まえながら,その養成を図っていくこととしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ