ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第3章 初等中等教育の改善・充実
第10節 教育諸条件の整備
4 教材の整備


 新学習指導要領の本格実施(小学校平成4年度,中学校は平成5年度)に伴い,平成3年3月に,学校で整備する教材を13年振りに見直し,「標準教材品目」を設定した。「標準教材品目」は,新学習指導要領を実施する場合において,標準的に必要とする教材の品目及び数量を示すもので,市町村が,各学校の実情に応じ,学校の特色を生かしながら教材を主体的に整備する際の目標,あるいは参考に供したものである。

 標準教材については,平成3年度から平成12年度までの10年間で計画的整備が計られることとされている。これに必要な経費については,地方交付税上10年間で約8,000億円が措置されることとされ,平成4年度は約590億円が計上されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ