ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2編 文教施策の動向と展開
第2章 生涯学習の振興
第3節 生涯学習の基盤整備
2 生涯学習フェスティバルの開催


文部省では,地方公共団体等との共催で,平成元年度から生涯学習フェスティバルを実施している。本フェスティバルは,広く国民一般に対し生涯学習に係る活動を実践する場を全国的な規模で提供すること等により,国民一人一人の生涯学習への意欲を高めるとともに,学習活動への参加を促進し,もって生涯学習の一層の振興に資することを目的としている。

 「新しい風生涯学習」を本フェスティバルの総合テーマとして掲げ,第1回生涯学習フェスティバルは,平成元年11月に千葉県の幕張メッセにおいて,「会いたいのは新しい自分」を大会テーマに24万人の来場を得て開催された。第2回は,平成2年11月に,国立京都国際会館,京都府総合見本市会館,京都会館等岡崎公園一帯ほかを主会場として,「きょうよりあしたのわたしへ」を大会テーマに45万人の来場を得て開催され,第3回は,平成3年11月に大分市,別府市,湯布院町の3市町の会館等を会場として,「豊かなあすへ一人一学」を大会テーマに68万人の来場を得て開催された。

 第4回全国生涯学習フェスティバルは,平成4年10月31日がら11月4日まで,宮城県内の4会場(仙台市,気仙沼市,白石市,蔵王町)において,大会テーマ「学べばそこは未知の国」の下,生涯学習に関するシンポジウム・講演・フォーラム,生涯学習活動の普及・啓発・発表の場となる多様な学習活動の展開や諸イベント(美術・音楽・趣味・スポーツ・レクリエーション等),生涯学習に関連する展示(全国市町村・企業・団体などの出展による生涯学習見本市)等の多彩な催しを行う。

まなびピア'92ポスター


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ