ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第9章  情報化の進展と教育の対応
第2節  情報活用能力の育成
2  社会教育等における情報活用能力の育成


社会教育においても,情報活用能力を育成するため,マイクロコンピュータやワードプロセッサの操作や情報処理などをテーマとする講座が,大学公開講座,高等学校開放講座,専修学校開放講座,青年学級・青年教室,婦人学級,成人大学講座や社会通信教育などでも開設されている。また,都市部においては,近年,民間のカルチャーセンターなどが行うコンピュータ教室等が増加しており,情報活用能力の育成に関する学習機会は着実に拡大している。

文部省では,地域社会において,住民一般を対象とした情報化に対応した教育を積極的に推進するため,市町村に対する補助事業として,昭和63年度から「情報活用能力育成講座」事業を実施している。この事業は,子どもから高齢者まで広く住民一般を対象として,単に情報機器の操作だけでなく,情報モラルなどを含めた幅広い情報活用能力の育成を目的とするものである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ