ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章  国際化の進展と教育・文化・スポーツ
第3節  教育・文化・スポーツ・における国際交流・協力
3  スポーツの国際交流・協力


スポーツの国際交流は,我が国スポーツの普及・発展に寄与することはもとより,諸国民の相互理解を増進し,友好と親善を深め,また,発展途上国のスポーツ振興への協力などの点で極めて重要な役割を持つものである。

我が国においては,スポーツの国際交流は年々盛んとなり,今日では,一流選手から一般市民に至るまでの幅広い範囲で実施されている。また,その交流内容も従来のスポーツ競技会を中心としたものから,市民参加による各種スポーツ交流やスポーツに関する相互研修や研究協力など多種多様な形で行われている。

文部省では,地方公共団体(市町村)が市町村住民とアジア諸国の国民との間に,スポーツを通じ相互理解と友好を深めるためにスポーツ大会等を実施するスポーツ交流事業に必要な経費の補助を行っている。平成元年度には,北海道早来町を始め18道府県20市町が,韓国,中国,香港,シンガポール,マレーシアの5か国・地域の人々とバレーボール,卓球,サッカー等のスポーツを通じた国際交流を行った。

また,社会体育指導者を海外に派遣して,諸外国のスポーツ事情の視察等をさせる事業のほか,(財)日本体育協会及び(財)旧本オリンピック委員会の行うスポーツ指導者の海外派遣事業やスポーツ少年団の国際交流事業等に補助している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ