ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章  文化の振興
第3節  芸術創造活動の奨励
1  芸術創作活動等の動向


我が国の芸術は,伝統芸術を継承しながら,欧米芸術の強い影響の下に,文芸,美術,音楽,舞踊,演劇などの各分野にわたり,広範かつ様々な活動が活発に展開されてきている。

公私立美術館(博物館法に基づく登録博物館又は博物館相当施設)は,昭和49年の99館から昭和62年の221館へ,入館者数も昭和48年度間の991万人から昭和61年度間の2,169万人へと増加しているほか,美術展覧会の開催件数も増加している。また,舞台芸術の公演会場であるホールや劇場数は,昭和52年から60年の8年間でほぼ倍増し,全国にわたって整備されてきており,最近では,コンサートホールのような専門ホールも各地に設けられつつある。舞台芸術(音楽舞踊演劇)の公演も,全体として年々かなりの増加傾向を示している。

芸術家人口は全般的に増加傾向にあり,音楽家とデザイナーは特に著しい。また,昭和60年における男女比でみると音楽(女性78%),デザイン(女性42%)等の分野において女性の進出が目立っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ