ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第6章  体育・スポーツ及び健康教育の振興
第4節  学校体育の充実
4  大学における体育・スポーツ


大学・短期大学における体育・スポーツは,保健体育科目,運動部・同好会等の課外の体育・スポーツ,体育・スポーツの専門教育の三つの分野がある。大学,短期大学においては,授業科目の一つとして,保健体育科目が課せられている。

課外の体育・スポーツは,これまでは競技スポーツを志向する運動部が中心であったが,近年はレクリエーション志向が高まり,同好会等の普及が著しい。各大学・短期大学において,同好会等の活動が生涯スポーツの一環として適切に位置付けられるとともに,競技スポーツの一翼を担う運動部活動の一層の活性化が図られることが期待される。

体育・スポーツの専門教育を行う大学・短期大学の体育系の学部,学科等の設置状況は, 2-6-3 のとおりである。

2-6-3  体育系学部・学科等の設置状況

体育・スポーツの専門教育は,保健体育教員の養成のほか,社会体育指導者養成等の上で大きな役割を果たしている。また,大学・短期大学は,我が国の国際競技力の向上やスポーツ科学研究の推進にも寄与してきた。

このスポーツ科学研究については,スポーツにかかわる心理学,生理学,医学,運動学など様々な領域にわたって研究が行われており,今後,基礎的研究とともに競技力向上などに直結した応用的研究の一層の推進が求められている。

文部省は,大学における体育・スポーツに関する教育研究の高度化を図るため,平成元年度に,「体育・スポーツ実技指導の在り方に関する調査経費」を措置し,北海道教育大学においては,冬季スポーツ競技に関し,科学的研究の推進と高度の専門能力を有する指導者の養成のための教育研究体制の在り方,附属スポーツ施設及び学外関係者との連携協力の在り方について,鹿屋体育大学においては,児童生徒の発達段階,環境等に応じた体育・スポーツの実技指導やジュニアの時期からの競技力向上のための指導に関する教育研究の在り方及びその実験,実習の場としての附属学校の在り方について,それぞれ検討を行っている。

鹿屋体育大学 授業風景

さらに,大学,短期大学が教育研究の成果を社会に開放する公開講座の中には,スポーツ関係の内容のものもあり,その講座数は,昭和63年度で国公私立を合わせて195である。また,大学・短期大学の体育施設の開放も行われており,大学では,昭和62年度中に381大学で約200万人の利用者があった。スポーツ関係の公開講座や体育施設の開放は,生涯スポーツの推進に資するものであり,今後,その一層の充実,促進が期待される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ