ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第5章  社会教育の振興
第2節  家庭教育の充実
2  情報の提供と相談事業の実施


社会教育関係者に家庭教育に関する情報を提供するため,文部省ではこれまでに,家庭教育資料「現代の家庭教育―乳幼児期編-」(昭和59年11月刊),「同―小学校低・中学年期編-」(昭和62年3月刊),「同―小学校高学年・中学校期編-」(平成元年3月刊)を作成し,教育委員会等に配布した。この資料は,子どもの発達段階の特徴や子どもの問題について悩んでいる親に対し情報を提供し,現代社会の中でどのように子どもを育てるのがよいか,そのための支援者として親はどうあったらよいかを考える手掛かりとなることをねらいとしてまとめたものである。また,マスメディアを活用した情報提供としては,家庭教育テレビ番組「親の目子の目」の制作・放送を財団法人民間放送教育協会に委託し,民間放送局全国32局のネットワークにより毎週1回全国に放送されている。平成元年度は「いま子どもたちは生き生きしているか」という年間テーマの下に51本が制作・放送された。この放送による情報提供は,家庭教育学級等に参加できない人たちはもとより,家庭教育学級やグループ学習等の学習教材として活用されており,親等の学習内容を高める役割を果たしている。

また,最近,子育てに関する悩みや不安を持つ親が増加する傾向にあることから,文部省では,電話相談を中心とした「すこやか家庭教育相談事業」を行う都道府県に対して助成している。この事業は,主として乳幼児期の子どもを持つ親を対象に,専門家による子育て相談(巡回相談,電話相談)の実施,相談員の養成・研修,テレビ放送,学習教材ビデオの作成,子育てセミナーの開催等から成っており,平成元年度は40県で実施された。このうち巡回相談,電話相談の実施状況についてみると,巡回相談は,教育学,心理学,医学等の学識経験者等を相談員に,県下の教育事務所,公民館,保育所等を巡回し,育児不安や子育てに関する悩み等家庭教育上の諸問題について,親等に対して個人相談,グループ相談に応じている。また,電話相談は,教育学,心理学,社会学,保育学等の学識経験者や養成講座を修了したボランティア等を相談員に,教育委員会内,婦人会館,教育センター,生涯学習センター等で電話相談室を開設している。気軽に相談ができるよう「杉の子テレフォン」「すくすくダイヤル」等電話に親しみやすい愛称をつけるなど工夫を凝らし,乳幼児を持つ親からの相談に応じている。特に,共働き家庭の増加等に伴い,夜間の相談にも応じている。

主な相談内容は,基本的生活習慣,身体の発達・健康,社会性の発達,情緒・性格,言語,家庭環境等となっている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ