ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章  初等中等教育の改善・充実
第3節  徳育の允実
2  道徳教育の振興方策


文部省では,道徳教育を推進する基盤を整備するため,従来から次のような様々な施策を進め,その振興を図ってきた。

学校における道徳教育の充実を図るためには,家庭や地域社会との連携のもとで小・中学校が―貫した道徳教育を進めることが必要である。

そこで,道徳教育推進校を指定し,学校内外における―貫した道徳教育の在り方について研究を行うとともに,地域の各界各層からの道徳教育に対する意見を学校における道徳教育に反映させることを目的として,各都道府県で道徳教育振興会議を開催している。

また,道徳教育においては,社会の発展に尽くそうとする心や他への思いやりの心を育て,これらを実践しようとする資質を育成することも求められている。このことから,奉仕等体験学習研究校を指定し,児童生徒に奉仕的体験等の体験学習を積極的に行わせ,道徳的実践力の育成を図っている。

道徳教育は,児童生徒に対してその指導を行う教師の力に負うところが非常に大きいものである。そこで,教師の指導力の向上を図るための講習会を全国,地区ブロック及び都道府県で開催するとともに,教育委員会による適切な指導助言により,道徳教育を更に充実するため,教育委員会の指導主事等の指導行政担当者を対象とした講習会を開催している。

さらに,児童生徒が興味や関心をもつ適切な教材を活用して,道徳の指導を行うことも重要である。このことから,郷土の先人の伝記・逸話などの題材を取り上げた道徳教育用郷土資料の研究開発を都道府県に委嘱している。

平成2年度は,これらの事業を引き続き実施するとともに,新学習指導要領に基づく道徳教育が実施されることから,道徳教育推進指導資料の作成・配布を行うこととしている。これは,新学習指導要領の趣旨の具体化を図り,道徳教育に当たる教員の指導力を高めるためのものであり,1)・改訂の趣旨を分かりやすく解説し,児童生徒用の教材としても活用できる「指導の手引き」,及び2)改訂の趣旨を踏まえた授業の具体的な展開の仕方などについて映像化した「ビデオ資料」を作成・配布することにより,学校における道徳教育の充実を図るものである。

なお,「指導の手引き」は,全国の小・中学校及び学級担任教員並びに教育委員会等に,また,「ビデオ資料」は,都道府県教育委員会等に配布する予定である。

文部省としては,今後ともこれらの施策の充実に努め,道徳教育の―層の充実を図っていくこととしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ