ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   高等教育の課題と展望
第3章  高等教育改革の方向
第3節  高等教育の個性化・多様化


先にも触れたように,高度化・複雑化した社会・経済が存立していくためには,各分野にわたる種々の人材が必要とされ,また,国際化・情報化・国民生活の多様化などの諸変化が進めば,この面からも新しい分野を担う人材が求められる。―方,学生の能力適性の多様化,社会人教育のニ―ズの拡大等高等教育の多様な展開の要請にこたえる必要もある。

また,個々の国民の立場においても,自由で個性的な生き方や多様な選択を求める国民意識の傾向もあり,高等教育の個性ある多様な展開が要請されている。

我が国のように高等教育が広く普及した状況においては,例えば,研究指向のもの,各種分野の教育に力点を置くもの,さらには,生涯学習に力を注ぐものといった,様々な方向での高等教育機関の発展が望ましく,各高等教育機関が,それぞれの個性・特色に応じて,その内容の充実に努めていくことが,全体としての我が国の高等教育の機能の強化と発展をもたらすものであると考えられる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ