ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   高等教育の課題と展望
第1章  我が国高等教育の歩み
第1節  戦前の高等教育
3  大学令と大学の発展


明治初年には,外国語,宗教,政治経済関係の私立学校,医学関係の公私立学校など,各種の専門諸学校が教育活動を行っていた。明治36年に専門学校令を公布し,初めて専門学校を制度化した。しかし,専門学校は種類が多様であり,専門学校の性格については,「高等ノ学術技芸ヲ教授スル学校ハ専門学校」と規定しただけであったため,私立の専門学校の中には大学の名称をとるものが多数みられるようになった。当時,専門学校は大学と制度上明確に区分され,私立大学の設立を制度上認めることができなかったので,文部省は,同年,1年半程度の予科を持つ専門学校に対しては「大学」という名称を付けることを正式に認可することとした。この措置によって,慶應義塾,早稲田,東京法学院(中央),同志社など,有力な私立の専門学校は次々に大学と改称した。

その後,大正6年に内閣に設けられた臨時教育会議の答申を受けて,大正7年に大学令が公布された。この大学令は,公私立及び単科の大学の設置を認めるなど,国公私を通じた大学制度の確立を図るものであり,帝国大学令に基づく大学制度を一新するものであった。同今に基づき,由立では東京商科大学,新潟,岡山の医科大学,東京工業大学など,公立では大阪医科大学,愛知医科大学,京都府立医科大学など,私立では慶應義塾大学,早稲田大学を始め明治,中央,日本,国学院,同志社などの大学が次々に設置されていった。この大学令による大学制度が戦後の教育改革まで続くことになる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ