ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   高等教育の課題と展望
第1章  我が国高等教育の歩み
第1節  戦前の高等教育
2  帝国大学の発足


明治5年の「学制」公布当時においては,主として西洋の学問や外国語を学ぶための多様な水準の専門諸学校が存在するのみであったが,10年,これらの学校の―つである東京医学校と東京開成学校を併せて東京大学を創設した。これが我が国最初の近代的大学である。

明治19年には帝国大学令の公布をみた。当時,我が国は18年に内閣制度を創設し,23年の帝国議会の開設を控えるなど,近代国家としての体制を整えつつあった。同令は,その一環として小学校令等とともに公布されたものであり,我が国近代学校制度の基礎を確立するものであった。

帝国大学令は,大学の目的を,「国家ノ須要ニ応スル学術技芸ヲ教授シ及其薩奥ヲ■究スル」こととし,その構成は,法科,医科等の各分科大学と大学院から成るものと定めている。

同今に基づき,東京大学は工部省の下にあった工部大学校を含め帝国大学となり,以降,充実発展していくこととなる。明治30年には,我が国で2番目の大学として京都帝国大学の開設をみ,さらに40年代には,仙台,福岡に,大正年間には北海道に,昭和に入ってからは大阪,名古屋にそれぞれ帝国大学を開設した。これらの帝国大学は,我が国学術の中心として高等教育機関の中核的地位を占めた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ