ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  序

我が国が,21世紀に向けて,世界から真に信頼される文化国家として発展するとともに,国民一人一人が生涯にわたり,生きがいと潤いをもって生活を営むことができる社会を築いていく上で,教育・学術・文化・スポーツの果たす役割は極めて重要であります。

文部省においては,これまで,臨時教育審議会の答申等を踏まえつつ,教育改革のための各般の施策を着実に推進するとともに,中英教育審議会に「新しい時代に対応する教育の諸制度の改革について」諮問を行い,本年1月には「生涯学習の基盤整備について」答申をいただいたところであります。現在,後期中等教育の改革を中心に引き続き審議が進められております。

私は,教育・学術・文化・スポーツの充実発展に寄せる国民や社会の要請に的確にこたえるべく,その推進に全力を傾注しておりますが,このたび,文部省の教育改革に対する取組及び高等教育を始め文教施策全般の現状と動向を取りまとめ,平成2年度「我が国の文教施策」として本書を刊行いたしました。

本書が教育改革の推進と文教施策の現状に関して,国民各位のご理解を深めるための良き資料となることを念願いたします。

平成2年11月   保利   耕輔   文部大臣


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ