ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第10章  情報化の進展と教育の対応
第4節  情報技術者の養成
1  高等学校における情報技術者の養成


高等学校における情報技術者の養成は,主として工業の情報技術科及び商業の情報処理科等において行われている。情報技術科は,コンピュータに関する知識と技術を習得させ,コンピュータを利用する工業生産,コンピュータの製造等の分野において情報処理等の業務に従事する技術者を養成することを目的とし,また,情報処理科は,情報処理に関する知識と技術を習得させ,プログラマー等コンピュータによる情報処理の業務に従事する者を養成することを目的としている。これらの学科は,社会の情報化に適切に対応するため,昭和45年の高等学校学習指導要領の改訂において新たに標準的な学科として掲げられ,その後の昭和53年の改訂において更に教育内容の充実が図られてきたものである。

各都道府県においては,地域における産業状況等も踏まえて情報技術科,情報処理科等の設置が進められてきており,特に昭和60年度以降は,産業社会における急速な情報化の進展に対応し,設置数は急増している( 2-10-1 )。

また,産業界における情報技術者に対する需要の高度化,多様化に対応するため,情報科学科など工業,商業の学科区分を越えたいわば複合的な内容の学科の設置や,情報科学高校(島根県)や国際情報高校(滋賀県)など総合的に情報処理教育に取り組む総合制職業高校も設置されてきている。

2-10-1  高等学校における情報関連学科及び生徒数の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ