ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章  文化の振興
第4節  伝統文化の継承こ保存
4  伝統芸能等の伝承



(1) 無形文化財の伝承

歌舞伎,能楽,文楽等の芸能,陶芸,染織等の工芸技術などの無形の文化的所産のうち重要なものを重要無形文化財に指定し,併せてそれを体現するものを保持者又は保持団体として認定している。

昭和63年度においては,人形浄瑠璃文楽三味線など2名について保持者の追加認定を行った。

文化庁では,無形文化財の保存・伝承のため,重要無形文化財保持者(いわゆる「人間国宝」)に対し,技の維持向上と伝承者の養成のための特別助成金を交付するとともに,保持団体等が行う伝承者養成事業等に対して補助している。

また,国立劇場では,歌舞伎,能楽,文楽,演芸等の伝統芸能の保存と振興を図るため,伝統芸能の公開,伝承者の養成,調査研究等を行っている。


(2) 民俗文化財の伝承

衣食住,生業,信仰,年中行事等に関する風俗慣習,民俗芸能及びこれらに用いられる衣服,器具,家屋その他の民俗文化財については,有形のものと無形のものとに分けられ,それぞれ特に重要なものを重要有形民俗文化財又は重要無形民俗文化財に指定している。

昭和63年度においては,甲州西山(山梨県)の焼畑農耕用具を重要有形民俗文化財に,下北の能舞(青森県)など4件を重要無形民俗文化財に指定した。

民俗文化財は,日常生活に基盤を置くものであることがら,戦後の急激な社会開発,生活様式の変化により,近年,急激に消滅変貌する傾向にある。

このため,文化庁は,重要有形民俗文化財の保護のための修理,防災,収蔵庫・公立歴史民俗資料館の建設及び重要無形民俗文化財の保護団体が行う伝承・公開事業等に対して補助している。

また,平成元年度からは,各地に伝承されている民俗芸能等の実態を把握し,その保存伝承に資するための全国的調査を実施している。


(3) 選定保存技術の保存

文化財の保存,修理等に欠くことのできない伝統的な技術を持つ者は,老齢化や後継者難のため,近年,減少の一途をたどっている。このため,木造彫刻や建造物の修理など伝統的な技法による製作・修理技術,及び茅,漆などそれらに必要な資材の製作技術等のうち保存の措置を講ずる必要のあるものを選定保存技術として選定し,併せてその保持者又は保存団体を認定している。

昭和63年度においては,刀装,甲冑金具制作修理など4件を選定し,併せて保持者の認定を行った。

文化庁は,これらの技術の保存のため,技術の維持向上,後継者の養成事業に対する補助及び保存技術の記録作成等を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ