ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第6章  社会教育の振興
第5節  社会教育の基盤の整備


今後,一層多様化し,高度化する人々の学習ニーズにこたえるため,地域の実情に応じて,社会教育施設の整備や指導者の確保・資質の向上を図っている。また,個々の施設や事業を魅力あるものとするとともに,各施設の機能を有効に活用できるよう,他の施設との連携・協力(ネットワーク化)を進め,学習しやすい環境の整備に努めている。

昭和63年12月,人々の多種多様かつ高度化する学習ニーズに対応した社会教育施設の充実に必要な諸条件の整備方策,並びに社会教育施設相互及び他の学習関連施設との連携協力など,「新しい時代に向けての社会教育施設の整備・運営の在り方について」社会教育審議会に諮問し,現在,審議が進められている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ