ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第5章  学術研究の振興
第6節  重要基礎研究の推進
9  南極地域観測事業


南極大陸は,その巨大な氷床の中に何万年にも及ぶ地球環境の歴史を鮮明にとどめているほか,極地の空を彩るオーロラが地球磁気圏の構造解明の鍵となるなど極めて貴重な科学研究の対象である。

また,南極大陸は人類に残された最後の資源の宝庫であり,南極地域の平和利用という立場からも科学的データの蓄積が必要である。これらを背景として,我が国の南極観測事業は,緊密な国際協力の下に32年にわたって実施されている。

これまでの南極観測において,オーロラ発生機構の解明や,南極海における海洋生物の生態系の解明などが行われたほか,大量の隕石を発見し宇宙科学,惑星科学等の研究の飛躍的な発展に寄与している。

これらの研究は,南極観測の実施中核機関である国立極地研究所を中心として行われている。

我が国の南極観測事業は「昭和基地」,「みずほ基地」及び「あすか観測拠点」において実施しており,昭和63年度は,第30次南極地域観測隊54名(うち越冬隊37名)を派遣した。

同隊は,昭和基地に南極地域の立体的研究・観測を可能にする南極唯一の大型アンテナ「多目的衛星データ通信システム」(直径11m,高さ17m)を完成させ,観測データの受信を開始した。

平成元年度は,第31次観測隊(55名)が南極観測船「しらせ」で平成元年11月に出発,12月下旬昭和基地周辺に到着し,第30次越冬隊と交代する予定である。

なお,観測実施計画や,隊員の決定などについては,文部省に置かれた「南極地域観測統合推進本部」が行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ