ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第5章  学術研究の振興
第6節  重要基礎研究の推進
4  生命科学



(1) バイオサイエンス研究

バイオサイエンスは,DNAやたんぱく質等の分子を基本に生命現象を物理学的,化学的に解明しようとする新しい学問分野である。近年の分子生物学や分子遺伝学の進歩,あるいは組換えDNA実験や細胞融合等の新技術の開発により飛躍的な進歩をみせている。また,その発展は,医療,農業,工業等の実用面において,がん等の難病治療技術の進展,植物の品種改良・育種技術の進展,有用酵素の効率的生産技術の進展等豊かな成果を人類にもたらすものとして強い期待が寄せられている。

文部省では,バイオサイエンス研究の重要性にかんがみ,昭和61年2月の学術審議会建議「大学等におけるバイオサイエンス研究の推進について」の趣旨を踏まえつつ,その推進のための諸施策を講じている。

平成元年度においては,科学研究費補助金による基礎研究の推進のほか,大学等において,生物資源確保のため特殊な動植物等の系統保存事業の充実強化,遺伝子実験施設の新設等の設備整備を図るとともに,バイオサイエンス関連学科,大学院の整備充実等を実施することとしている。

また,組換えDNA実験は,その安全を確保するため,実験の安全度評価に応じて適切に計画し実施されることが必要である。現在,大学等における組換えDNA実験は,学術審議会の建議に基づき,昭和54年3月に定められた「大学等の研究機関における組換えDNA実験指針」に従って,安全を確保しつつ行われている。


(2) がん研究

がんの予防,診断及び治療方法を確立するためには,基礎的研究の推進を図ることが極めて重要である。文部省は,従来から科学研究費補助金「がん特別研究」を実施するほか,国立大学のかん研究施設の充実を図ること等により,広くがん研究の推進に努めてきた。

また,昭和59年度からは, 「対がん10ヵ年総合戦略」(昭和58年6月,がん対策関係閣僚会議決定)を踏まえ,厚生省,科学技術庁と協力しつつ,がんの本態の解明等を目指し,ヒトがんの発がん遺伝子に関する課題等について重点的な研究の推進を図っている。平成元年度は,昨年度に引き続き,科学研究費補助金によるプロジェクト研究の推進のほか,筑波大学粒子線医科学センター,大阪大学微生物病研究所発癌遺伝子検索細胞センター等大学におけるがん研究設備の整備等を実施することとしている。


(3) エイズ研究

エイズは1981年に米国で報告されて以来,その急速な患者数の増加は,欧米を始め世界的に深刻な問題となった。我が国におけるエイズ患者の発生は少数にとどまっているものの,そのまん延を防止するため,エイズウイルスの本態解明等の基礎的研究の推進が重要な課題となっている。

文部省では,平成元年度においては,科学研究費補助金による「エイズの総合的基礎研究」プロジェクト等の基礎研究の推進を図ることとしている。


(4) ヒト・ゲノムプログラムの推進

ヒト・ゲノムは,人間の全遺伝情報を担うもので,人間の生物学的な設計図であり,その構造・機能の研究・解析は,学問的にも社会的にも大きな意義を持っている。近年,科学技術の著しい発達を背景に,アメリカ等の先進諸外国がヒト・ゲノムの研究・解析を目指している。

学術審議会はヒト・ゲノム研究・解析の重要性にかんがみ,平成元年7月に文部大臣に対し,大学等におけるヒト・ゲノムプログラムの推進についての建議を行った。

文部省では,この建議の趣旨を踏まえ,早急に準備的研究に着手することとし,本年度から,科学研究費補助金により, 「ヒト・ゲノムプログラムの推進に関する研究」を発足させている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ