ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  付録
C  参考文献
第2章  教育内容,方法の改善


表24 教育課程編成の基本と改訂のねらい

「小・中・高等学校学習指導要領」

表25  主要国における教育課程の基準の設定

1961

各国法令・教育課程など

表26  主要国における週間授業時数と年間授業週数・日数

(日本)

学校教育法施行規則,小・中・高等学校学習指導要領

(アメリカ合衆国)

SanDiegoCitySchol,California.TheDigestofTheElementarySchool,1969

SanDiegoCitySchool,California.TheDigestofTheSecondarySchool,1965

ReseachDivison-NationalEducationAssociation.TheAmericanPublic-SchoolTeacher(1965〜1966),1967

(フランス)

LibrairieA.Colin.Programmesetinstrucction(Ierdegre) 1964OECD.Reviews0fNatioalPoliciesforEducation.FRANCE.VolI1969

InstitutPedagogiqueNational.BulletinOfficieldel′educationna-tionale.N0 17(28-4-70).

I.P.N.Bulletofficialdeleducationnationale.N0 22(28-5-70)

I.P.N.EncyclopediePraJtiquedeI'enseignementenFrance,1960

(西ドイツ)

W.Schultze. DCL8 SchulweseinderBunderepublikDeutschland,

1968

(ソ連)

2porpammaCpeДHEЙ111KOH.COBeTCKA2eAarKa1967.6

表27  わが国の教科別の年間標準授業時数

学校教育法施行規則

図26  主要国の教科別の授業時数の比重

(日本)

学校教育法施行規則,高等学校学習指導要領

(アメリカ合衆国)

SanDigeoCitySchool,California.TheDigestofTheElementarySchool,1969

SantaMonicaUnitedSchoolDistraict,DivisionofEducationnalService,California.GeneralPlanofCourses,LincolnJuniorHighSchool,1965

CouncilofEurope.EducationinEurope,SectionII-No.1.Primary andSecondaryEducation―ModernTrendsandCommonProblems,1968

(イギリス)

RichardE.Gross(ed).BritishSecondaryEducation,1965

教育科学省視学官C.W.Morris氏提供の資料

(フランス)

表26に同じ。

(西ドイツ)

DieSchuleinNordrhein-Wesfalen.RichtlinienundStoffplanefurdieVolksschulen,1967

W.Schultze.DasSchlweseninderBundesrepublikDeutschland,1968

(ソ連)

表26に同じ。

表28  各国における初等教育の教科書の著作発行,採択の形態

UNESCO.WorldSurveyofEducationII,PrimaryEducation,1958

文部省調査官視察資料など

表29  主要国の第1学年における計算に関する領域の教育内容

(日本)

小学校学習指導要領

(アメリカ合衆国)

SanDiegoCitySchool,California.TheDigestofTheElementarySchoolCurriculum,1969

(フランス)

I.P.N.Bulletinofficieldel'educationnationale,no 5(29-1-70)

(西ドイツ)

図26に同じ。

(ソ連)

表26に同じ。

表30  主要国における算数,数学の教育内容の取り扱いの始期学年

表29に同じ。

表31  数学の成績の国際比較

国際数学教育調査-IEA日本国内委員会報告書,国立教育研究所1967年

図27  数学の成績の国際比較

表81に同じ。

表32  外国語(現代語)教育の週間授業時数

(日本)

小・中学校学習指導要領

(アメリカ合衆国)

Mehl,Mills,Douglass&Scoboy.TeachinginElementarySchool,1965

SantaMonicaUnitedSchoolDistrict,DivisionofEducationService,California.GeneralPlanofCourses,LincolnJuniorHighSchool,1965

IowaStatekDepartmentofPublicInstruction.JuniorHighSchoolsforIowaYouth,1960

(イギリス)

RichardE.Gross(ed).BritishSecondaryEducation,1964&1965

教育科学省視学官C.W.Morris氏提供の資料

(フランス)

(西ドイツ)図26に同じ。

(ソ連)

表33 公立小・中・高等学校における教育機器の普及状況

文部省「学校設備調査報告書」昭和44年度

文部省「全国視聴覚機材設備状況調査」昭和44年度

表34 公立小・中・高等学校生徒指導担当教員数

文部省「学校基本調査報告書」昭和4年度

表35  「当初の志望校」「受験決定の志望校」「進学決定校」の関係

文部省「中学校卒業者の進路状況」昭和43年度

表36  進学希望者の決定進路別の構成比

文部省「高等学校卒業者の進路状況」昭和43年度

表37  中学校・高等学校新規卒業就職者の離職状況

労働省「中学校・高等学校新規卒業者就職者の就職離職状況調査」昭和41〜43年度

図28  昭和24年と44年における身長および体重の比較

文部省「学校保健調査報告書」昭和24・44年度

表38  体力・運動能力の向上

文部省「体力・運動能力調査」昭和39・43年度

表39  小学校・中学校の学校医・歯科医・薬剤師・養護教員設置率

文部省「学校基本調査報告書」昭和34・39・4年度

表40  児童・生徒の疾病異常被患率

文部省「学校保健統計調査報告書」昭和34・39・44年度

表41  学校給食の実施状況

文部省体育局学校給食課の資料による。

図29  児童・生徒の学校給食の普及率の推移

表15に同じ。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ