ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第5章   1970年代の教育改革の動向
3  わが国における教育改革の動向
(3)  高等教育の改革に関する基本構想の概要
12  学生の生活環境の改善充実


高等教育機関における教育を真に実りあるものとするためには,以上のような改革と並行して,課外活動の充実や生活環境の整備によつて豊かな学生生活を保障し,学生の人間形成を助長するための方策を促進することが重要である。とくに学寮は,従来このような面で重要な役割を果たしてきたものであり,これをさらに改善充実していくことは,高等教育機関の重要な仕事である。しかし,今日および今後の社会において,すべての高等教育機関がそのような学寮を持ち得ない場合もあろう。したがつて,一般的には,これまで学寮に期待された共同生活の教育的意義は他の方法によつて生かすことを考えるとともに,勉学中の多数の学生に対し,相互の人間的な交流を深めたり,適当な食・住の便宜を供与したりするための生活環境を整備することを別途に検討すべきである。そのことが高等教育機関だけではじゅうぶんになしえないとすれば,国としても別に適当な方策を考える必要がある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ