ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第5章   1970年代の教育改革の動向
3  わが国における教育改革の動向
(3)  高等教育の改革に関する基本構想の概要
6  第5種の高等教育機関(「研究院」)のあり方


「研究院」は,博士の学位を受けるにふさわしい高度の学術研究を行なう者の研究修練のための指導・管理組織であり,通常,それは,専任の教員を含む教員組織をもつものとする。したがつてこれを他の機関に併置する場合には,それを置くのにふさわしいすぐれた研究指導体制を備えた第4種の高等教育機関(「大学院」)または研究所のいくつかに置かれるものとする。その場合そこで研究修錬に従事することを認められた者のうち,  「研究院」またはその他の高等教育機関の教育,研究活動の補助者として選ばれた者に対しては,適当な処遇を与えることが望ましい。

なお,「研究院」のあり方と関連して,附置研究所,共同利用研究所その他の学術研究機関については今後検討する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ