ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第5章   1970年代の教育改革の動向
3  わが国における教育改革の動向
(3)  高等教育の改革に関する基本構想の概要
5  教育組織と研究組織の機能的な分離


高等教育機関における教員の教育と研究の活動の調和をはかるため,すべての高等教育機関の教員組織は,まず,学生の教育を実施するための組織として整備されなければならない。同時にすべての教員に対しては,その高等教育機関の目的,性格にふさわしい研究の環境が用意されるべきである。この場合,第4種および第5種の高等教育機関(「大学院」および「研究院」)では,教育上の組織と研究上の組織とを区別して,それぞれ合理的に編成されることが望ましい。それによつて教員の任務が具体的な場面に即して明確にされ,教育と研究のそれぞれの目的に応じた協力体制が確立される必要がある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ