ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第5章   1970年代の教育改革の動向
3  わが国における教育改革の動向
(2)  初等・中等教育の改革に関する基本構想の概要
4  個人の特性に応じた教育方法の改善


教育の成果は,形式的に何を履修したかではなく,実質的に何を修得したかによつて決まるものであり,それは教育の内容・程度の適否とともに教育方法の良否が大きく影響する。したがつて,すべての学校段階を通じて,個人の特性に応じた教育方法を活用して,教育目標の達成をいつそう確実なものとする必要がある。そのため,とくに次の諸点について適切な実施方策を検討すべきである。

(1)教育の目標と個人の特性に応じて教育を効果的にするため,グループ別指導など弾力的な学級経営を行なうこと。
(2)個人の特性に応じてもつとも合理的な勉学ができるような個別学習の機会を設けること。
(3)生徒の指導を学年別に行なうことを固定化せず,弾力的な指導のしかたを認めること。
(4)一定の成熟度に達した上級の段階では,能力に応じて進級・進学に例外的な措置を認めること。

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ