ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第5章   1970年代の教育改革の動向
1  世界における教育改革の動向
(1)  先進諸国における教育改革の課題
c  教育制度の再検討


目的・目標が明確にされ,資源の配分がなされるにあたつて問題となるのは,教育制度のあり方である。

この場合の教育制度には,学校制度はもちろん,カリキュラム・教授法の問題等すべてが含まれる。そして,その問題の解決は目的・目標に沿つて総合的に検討されるべきものである。

教育制度のあり方については,各国それぞれの特性があるが,現段階において,教育制度を再検討すべきであるということは各国共通の課題である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ