ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3章   教職員の充実と物的条件の整備
1  教職員の確保と教員の勤務条件
(4)  教員の勤務量
b  主要国の教員の基準担当授業時数


わが国においては,公立初等・中等学校教員の担当授業時数は,週あたりの正規の勤務時間数のわく内で各学校長が定めることになつており,全国―律の共通基準はない。

フランスでは,中等教員については,取得した教員免許状の種類により基準担当授業時数が異なり,取得要件がきびしい免許状の取得教員ほど基準担当授業時数は少なくなる。西ドイツにおいては,中等学校教員の基準担当授業時数は,進学コースの学校と就職コースの学校の教員で異なる。

また,年齢による基準担当授業時数の軽減の措置がとられている。

表53主要国の教員の週あたり基準担当授業時数


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ