ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3章   教職員の充実と物的条件の整備
1  教職員の確保と教員の勤務条件
(3)  教員の待遇
b  教員の給与水準


立学校教員の給与は,いずれも公立学校教員のそれよりも低く,50歳〜59歳では,すべての学校段階で国・公立学校教員が高く,私立学校教員との差はさらに大きくなつている。すべての年齢層を通じて,私立幼稚園教諭の給与はきわだつて低い。

次に,わが国の教員の平均給与額を主要国の教員のそれと比較してみると,実額においては大差があるが,1人あたり国民所得との対比で比較してみると,いずれの学校段階の教員についても,わが国は先進国とほぼ同一の水準にある。゛今後の教育の重要な任務に対応できる人材を確保できるかどうかという観点から,各学校段階の教員の初任給・給与水準など給与体系全般について慎重に検討する必要がある。

図33  教員の給与(月額)水準 (昭和40年度)

表51  教員平均給与額と1人あたり国民所得に関する国際比較


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ