ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2章   教育内容・方法の改善
4  学校保健と学校給食
(1)  児童・生徒の体格および体力・運動能力
b  児童・生徒の体力・運動能力


文部省が実施した体力・運動能力調査の結果によると,体力・運動能力は一般に年齢,体格の増加とともに順調に発達するが,男子は17歳ごろ,女子は15歳ごろを境として,それ以後はあまり発達がみられない。

体力・運動能力が年次によつてどのように向上してきたかをみるために昭和39年と昭和43年における10歳児と14歳児の体力・運動能力を比較すると,10歳男子のソフトボール投げ,14歳男子の立体位前屈(柔軟性)以外はいずれの能力も向上している。このことは,さきにみたようにこの間に体格も向上しているので,体格の向上に伴うものとみることもできる。一般に最近の子どもは体力が落ちているといわれているが,これは体格の向上にくらべ体力の向上が伴つていないということであろう。

表38  体力・運動能力の向上


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ