ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2章   教育内容・方法の改善
1  教育内容の水準の維持・向上と多様化
(2)  教科書
b  諸外国の教科書制度


諸外国の教科書制度を,実情がわかつている国についてみると,各国の教育事情により,いろいろの著作・発行の形態をとつている。国あるいは地方の関与のしかたにより大別すると,次の3つに類別できる。

まず第1に,国が直接教科書を発行する形態である。これには国や地方の機関が編纂する場合と,ソ連のように国が定めた教科書執筆の要領に従つて専門家が著作したものの中から一種を選定し,国が発行する場合がある。

第2は,国あるいは地方が教科書として使用できる図書を検定あるいは認定する形態である。西ドイツの各州などではわが国のように検定を行なつており,フランスでは地方が認定教科書リストを作成している。アメリカ合衆国では,州によつて差異があり,一般には州あるいは地方が認定しているが,一部の州では州教育法により,州みずからが教科書の一部または全部を発行する権限を定めている。

第3は,教科書の発行に関して公の機関が関与しない形態で,イギリスなどがあげられる。ただし,国の教育目的に合致しないものの発行を禁止する権限を有している国もある。

表28  各国における初等教育の教科書の著作発行・採択の形態

次に教科書の供給についてみると,わが国と同様,義務教育諸学校の教科書を無償給与している国も少なくないが,フランス,西ドイツの一部の州等では無償貸与している。イギリスでは,学校備え付け制をとつているが,生徒の貸出自由の学校が多い。アメリカ合衆国では州によつて供給の形態が異なるが,多くの州で無償で給与あるいは貸与している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ