ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1章   教育機会の拡大
7  学校以外の教育,訓練の機会

教育活動としては,前項までに述べてきた正規の学校で行なわれる教育活動のほかに,家庭,職場および社会の場において,多様な内容,方法により各種の教育,訓練が行なわれている。急激な社会の変化に対処するために,新しい知識・技術をたえず身につけていく必要があること,教育はすべて学校で行なうよりは,その内容によつては学校外で行なうほうがより効果的である場合があること,何歳になつても心の豊かさを求めて学習を続けることが人間としての生きがいであることなどから生涯教育の要請が増大しており,このような観点から学校以外の教育・訓練の重要性が最近特に強調されてきている。

このような生涯教育の要請に応じるため,学校教育,家庭教育および社会教育がその役割分担を明らかにし,相互の有機的な協力関係をもつことが必要となつてくるが,以下においては,学校教育以外の教育,訓練の機会のうち組織的な教育訓練について概観することとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ