ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1章   教育機会の拡大
5  高等教育
(1)  大学・短期大学の普及度
d  女子学生の比率


大学,短期大学における女子学生総数は昭和44年には46万人に達した。これは昭和34年の3.6倍である。これを大学,短期大学別にみると,大学の女子学生数は昭和34年の3倍で24万人,短期大学の女子学生数は4倍で22万人となつている。これを男子学生の伸びと比較すると,女子学生の伸びが顕著である。

図17  大学,短期大学における女子学生数の推移

女子学生数の増加に伴つて,大学,短期大学の学生総数に占める女子の比率は昭和34年の19%から昭和44年の29%に増加した。昭和44年における女子学生の比率は大学で18%,短期大学で82%である。

次に,女子が大学,短期大学のどの分野に最も多く在学しているかをみると

表11

のとおりである。

表11  大学,短期大学における学部,学科別女子学生数の比率 (昭和44年)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ