ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1章   教育機会の拡大
4  後期中等教育
(2)  高等学校の課程別,学科別生徒数
b  学科別生徒数


全日制,定時制高等学校の学科別生徒数の推移をみると,昭和34年から45年までの間に,工業科の伸びが1.9倍で最も高く,商業科,普通科は1.3倍の伸びとなつている。家庭科の生徒数は昭和34年よりも減少し,農業科は,昭和34年の水準にとどまつている。

図10  高等学校の学科別生徒数の推移

次に,高等学校生徒数の学科別の構成をみると,247万人は普通科の生徒で占められ,職業教育に関する学科の生徒数は173万人である。これらの学科別の生徒数の割合は年度による変動は少ないか,これを都道府県別にみると,県により大きな開きがあり,普通科の占める割合は最高の県で69%,最低の県で35%となつている (基礎表第12表参照)

図11  高等学校生徒数の学科別構成比の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ