ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第4章
教育投資の配分
1 国民所得のうちの教育投資


国民所得は,支出面からみると個人消費と貯蓄と租税とに大別される。

このうち,租税の一部は,国および地方公共団体によって教育に投資される。このほか,個人消費の一部も教育費として教育に投資される。国民経済における教育投資の比重は,個人消費や貯蓄との関係において検討すべきであるが,ここでは資料の関係で,国民所得のうち国および地方公共団体が教育に投じた額,すなわち公教育費の比重を取り上げることとした。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ 文部科学省ホームページのトップへ