ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第4章
教育投資の配分

前章までは,教育の発達が経済発展の重要な基礎であることをみてきたのであるが,ここでは,今日までわが国が国民所得のうちどれだけの部分を教育費に振り当ててきたか,その振り当てられた投資額が,歴史的にみて,また国際的に比較して,現在どのような位置にあるのか,教育投資額は教育のどの段階に重点をおいて配分されてきたか,さらに,教育投資の分担はどのような形で行なわれてきたかを,社会と経済の発展との関係において考察し,将来進むべき方向を展望するための足がかりとしよう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ 文部科学省ホームページのトップへ