ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3章
教育の目標・内容と社会・済の発展

教育の量的な普及が社会・経済の発展と密接な関係にあるのと同様に,教育の目標・内容,すなわち教育の質な充実も社会・経済の発展ときわめて深い関係にある。教育の使命や機能についてはいろいろに説かれるが,歴史的に一国の教育発展をながめるときには,教育はその国家や社会が,青少年に対して期待し要請する人間像を目標として行なわれるものである。この教育の目標を達成するために,必要な教育内容が定められ,教育課程が編制され,教育制度が整備され,教員の養成充員が行なわれ,教科書等の教材が用意される。本章では,社会,経済の発展に考慮を払いながら,教育の目標・内容の展開について考察することにする。第1項では,わが国の教育目標と教育制度の特質を,諸外国との対比によって明らかにし,第2項では,わが国の教育の目標・内容の歴史的展開を考察するとともに,外国との比較によって現状の発展段階を明らかにしたいと考えている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ 文部科学省ホームページのトップへ