ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2章
教育内容の水準
2 学力の水準


 前項では,主要国との比較に重点をおきながら,わが国の「要求される教育水準」の一面をみてきた。次に現実に「到達された教育水準」について考察してみる。

 現実に到達された教育水準を端的に示すものの一つとしては,いわゆる児童生徒の学力が考えられるが,その学力をあらわす方法として,ここでは文部省が実施した全国学力調査の結果を用いることにする。この調査は,学習指導要領に対する到達度を,単に,読み書き・計算などの能力だけにとどまらず,推理力・問題解決力・応用力という点からもながめたいわば総合的な学力をみようとするものである。

 しかし,この調査は客観的ペーパーテストで,学習した結果をすべてもうらするところまでには至らなかったが,かなり広い領域にわたって学力水準を示すことができるであろう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ