ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2章
教育内容の水準
1 要求される教育水準
(1) 学制の比較


 教育内容を検討するにあたって,まず主要国の学制を簡単にみることにする。これをわかりやすく示すために第9図を掲げた。

 この図は,各学校段階とその年限,さらに教育分化の段階を示したものである。また,学制の大要を簡単に示す必要から例外的,特殊的な学校種類は除外した。

 わが国とアメリカ合衆国の両国においては,単線型の学制をとっているのに対し,西ドイツ・フランス両国においては,初等段階から,イギリス・ソ連は中等段階からそれぞれ複線型の学制を採用している。


a 初等教育

 わが国の小学校に相当する各国の初等学校は,必ずしもその修業年限を同じくしていない。

第9図 主要国における学校制度


第9表 主要国における初等学校の修業年限

 なお,イギリスが5歳の児童を入学させ,ソ連が7歳の児童を入学させている場合を除き,わが国をはじめ4か国は6歳を入学年齢としている。

 またわが国・アメリカ合衆国・ソ連は男女共学制であるが,フランスは男女別学であり,イギリス・西ドイツは共学と別学とが並立している。


b 中等教育

 次に,中等学校の修業年限を見れば 第10表 のとおりである。

 わが国とアメリカ合衆国の両国を除き,各国とも中等教育における進学・職業・普通完成の各課程を別々の学校で施していることが注目される。なお最近フランスは教育改革を行なって,義務年限を延長すると同時に中等教育の再編成を実施し,西ドイツにおいても同様の教育改革案が提案されているが,このことについては,第5章で改めて述べる。


C 高等教育

 高等教育機関は,各国とも学校の種類がきわめて多く,これらのすべてにわたって比較することは煩雑にすぎるので,典型的な学校種類だけの表を掲げることにする。また教員養成機関はあとでふれるので,ここでは省略する。

第10表 主要国における中等学校の修業年限

第11表 主要国における高等教育機関の修業年限

 なお,これら高等教育機関のほかに西ドイツ・フランスを除いては大学院が存在している。しかし,西ドイツ・フランスにおいては,大学に付置されている研究所が他の諸国における大学院の機能を果たしているとみられる。

 このように各国の学制は,類似している面と相違している面とをもっているが,わが国はアメリカ合衆国と似ていて,イギリス・西ドイツ・フランスの欧州諸国と著しい対比をなしている。ソ連は,形式的には,独自の体制をとっているように見えるが,実質的には,ヨーロッパ型に属しているとみてさしつかえない。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ