ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2章
教育内容の水準
1 要求される教育水準


 教育内容の水準を比較するために児童生徒に学習が要求される教育内容をその種類と量とに分け,その種類としては,教科または科目について,その量としては学習時間についてみることにする。

 なお,初等教育から中等教育へ,さらには高等教育へと進むにつれて,コース,専門が分化していくので,すべてにわたって比較することが困難であるため,共通的な部面または特徴的な部面だけを取り上げることにする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ